おいしいコーヒーのたて方には、ネルやペーパーに粉を入れてお湯を注ぐドリップ式と、フラスコでお湯を沸かしながら作るサイフォン式等があります。
私は独自に、煎りたて、挽きたて、湧かしたての三つの香りを、約30分にわたるセレモニーで味わい楽しむ方法を編み出しました。この方法で煎れたコーヒーは、飲んだ人の右脳・左脳を一点集中させてくれ、楽しいときはもちろん、悲しいとき、苦しいとき、考え悩むとき、決断を迫られているときに大変役立ちます。私はこれこそ茶道ならぬ 「珈琲道」であると考え、うまいコーヒーを煎れるための「珈遊カップ」、「珈遊ミル」を開発しました。
人呼んで「平成の利休」。
私の一番の楽しみは、コーヒーを愛するみなさまと茶会を催すことなのです。